「暮らし」と「わたし」

普通の「たまみそ」のただの生活。

【感動・圧巻】ジブリの大博覧会【愛知県美術館へ行くべし】

 

2021年7月17日(土)〜2021年9月23日(木・祝)まで愛知県美術館で開催中の『ジブリの大博覧会』に行ってまいりました。さすがジブリ、最初から最後まで大満足の内容で、感動しました。今回は行った感想とかをお届けします。

 

 

 

f:id:tanaka_kirei:20210806113938j:plain

ふかふかそうな猫バス

 2015年に愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開催され大きな反響を呼んだ「ジブリの大博覧会」。魅力的な展示を加えバージョンアップしながら、5年間で国内全11ヵ所の巡回を好評のうちに終えました。そして今夏、全ての展示物が勢ぞろいし、"ふるさと"愛知で完結します。来年開園予定の「ジブリパーク」に向け、スタジオジブリ誕生から約35年の歩みを映画公開当時のポスターやグッズ、広告宣伝物、未公開とされた原画など豊富な資料で振り返ります。第一回開催時と比べ展示面積を約5倍に拡大し、「天空の城ラピュタ」に登場する「空とぶ巨大な船」をはじめ、愛知県初登場の展示も多数。ジブリパークに収蔵される前の最後のお披露目となります。是非お見逃しなく。           ジブリの大博覧会 - スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

 
 

愛知県美術館で開催中のジブリの大博覧会 

愛知県美術館へ今回初めて訪れました。栄のオアシス21と直結していて、地下から歩いて行けるのがよかったです。ジブリの愛博覧会は日時指定予約制なので、時間までオアシス21でぶらぶらできるのもいいですよね。あと、オアシス21にはジブリのキャラクターショップ『どんぐり共和国』が併設してあるので展覧会に行った後もジブリに浸ることができます。

f:id:tanaka_kirei:20210806113839j:plain

時間までゴンチャを飲む。暑い中飲むゴンチャは最高。

 

時間が近づいてきたので、オアシス21のマツキヨと、ガチャガチャの森の間から愛知県美術館へ向かいます。

 

f:id:tanaka_kirei:20210806113844j:plain
f:id:tanaka_kirei:20210806113854j:plain
ジブリポスターが大きくあります


ジブリの大博覧会は愛知県美術館の10階で開催されています。エレベーターで行くのが早いですね。分りやすくラミネートで教えてくれます。

f:id:tanaka_kirei:20210806113916j:plain


平日来場者に先着特別グッズGET

平日来場者特典をGETしたかったのと、人混みをできるだけ避けるために平日の16時からの入場枠で予約をしました。入場特典は先着順だったので、残っているか心配でしたが、まだ結構残っていたようで杞憂に終わりました。よかった〜〜!

f:id:tanaka_kirei:20210806114417j:plain

平日来場者限定 金シャチ柄の愛知限定A5ミニクリアファイル

ちなみに、一般(大人)入場料は1900円です。ちょっと高いな〜と思っても、それを超える満足した内容でした。会場内は全て撮影禁止なので、脳みそに感動を焼き付けましょう!

 

入場してみた

まず入って一番は「ジブリの幻燈楼」

f:id:tanaka_kirei:20210806120952j:plain

パンフレットより ジブリの幻燈楼
 
ステンドグラスのキャラクターが光で壁に映し出された光景は、とっても素敵でした。くるくると沢山のジブリのキャラが空を飛んでいます。どこからか流れてくるナウシカの曲が、ワクワクや切なさを感じさせました。ちょっと笑ってしまったのが、下の常に光っているステンドグラスに書かれているキャラクターの顔です。ちょっと失敗?しちゃったのかな?技術的に難しかったのかな?という感じで、スペインの修復失敗の顔みたいで笑ってしましました。 
 
 
f:id:tanaka_kirei:20210806113905j:plain

2番目の部屋が一番好きでした。壁一面に各映画のポスターが所狭しに飾ってあります。ジブリの映画ポスターにはキャッチコピーがあります。もののけ姫では「生きろ。」紅の豚では「カッコイイとは、こういうことさ。」トトロでは「このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。」誰しもが、一度はこの言葉を耳にしたことがあると思います。ジブリのキャッチフレーズの多くは糸井重里さんが作ったものです。物語の全てを短文で表現していることに、単純にすごいな…かっこいいな…と思いました。 
 
mononoke027porco050
 
映画のポスターと共に、プロデューサーの鈴木敏夫と糸井さんが、キャッチフレーズを決めるFAXでのやりとりが展示してあります。そこに書いている直筆の文字とか、内容とかが面白い。「宮さんは素直な人なので…」とか、その言葉を選んだ時の宮崎駿の反応とかちょこちょこ書いてあって、何か一つの物を大勢で成し遂げる偉大さを味わえました。
 

f:id:tanaka_kirei:20210806120945j:plain

風の谷のナウシカ 王蟲の世界
 ここは等身大の王蟲の世界です。ちょっとリアルすぎて怖かったです。虫の、毛がリアルすぎます。私の背よりも2倍はあるので、本当に襲ってきそうでした。ここまで細部に表現できることに感動しました。ジブリパークでは、この場所もっと多く作って欲しいですね。夕方だからか不明ですが、この部屋にはあまり人がいませんでした。スマホばかり触って下を向いているけれど、ジブリの大博覧会では上を見上げたり、隣にいる人の反応をみたり、自然や隣にいる人を大切にできる作品だなと改めて思いました。 
 
 

グッズショップ

最後はグッズコーナーです。蜜を避けるため入場者限定オンラインでも買えるのですが、売り切れが多かった……。ポストカードセットは売り切れ、ぬいぐるみ/復刻、みみずくマスコットも売り切れ…ショップでも、オンラインでも売り切れです。初期トトロ可愛かったのに_:(´ཀ`」 ∠):

f:id:tanaka_kirei:20210806114356j:plain

でも、愛知会場限定ピンズ(税込715円 )はGETできたのでよかったです。色合いが可愛いですよね。グッズ会場は一方通行で二手に分かれていました。コロナ対策も十分にされていて安心できますね。

 

f:id:tanaka_kirei:20210806114407j:plain

愛知会場限定ピンズ(税込715円)

 

アクセス・公式HP

f:id:tanaka_kirei:20210806113927j:plain

唯一撮影できる猫バス

一番最後の展示場に、ジブリパーク関連の展示があります。ハウルの城がお店になるのですが、その建物モデルがあったり、ジブリパークのCGがあったり。2022年秋、早くジブリパーク行きたいですね!楽しみすぎます。 入場料1900円か〜高いな〜と思っているあなた。お値段以上のいく価値はあります。ジブリ好きなら絶対行くべきです。展示を見ながら流れてくるジブリの音楽、作品に込められた思い、多くの人々によって出来上がった作品。感無量です。博覧会に行けばジブリパークに絶対に行きたくなるし、すっごく楽しみになります。迷っている人は行くべきです。 ただし、日時指定制なのでそこは気をつけてくださいね。三鷹の森ジブリ美術館も建物にしても、調度品にしても一つ一つ、時間を忘れて魅入ってしまいます。ジブリパークの前章として是非足を運んでみてください。

 

 ⇩開催概要・アクセスはこちら⇩www.ghibliexpo-aichi.com