「暮らし」と「わたし」

普通の「たまみそ」のただの生活。

色で自分を変える

 

あなたは何色が好きですか?何色の物を持っていますか?

f:id:tanaka_kirei:20210220212113j:plain

私は自然が持つ色が好きです。でも、持っている服や普段使用している物は圧倒的に黒や茶色など暗い色が多いことに気づきました。思えば自分に似合う色が大体決まって、同じような色味の物しか買っていません。。

 

同じような色しか身につけない……それって、ちょっと悲しいですよね。たまには冒険したいです。

 

今回は身につける色や生活空間の色が変わるだけで心理的に変化をもたらす。色彩の力についてご紹介します!

 

 

 

 

 

 赤い部屋と青い部屋

f:id:tanaka_kirei:20210220212951j:plain
f:id:tanaka_kirei:20210220213020j:plain

 

 まず有名な赤い部屋と青い部屋についてです。スピリチュアル的には皮膚は第二の目と言われており、色を皮膚でも感じているのです。

 

 赤い部屋と青い部屋で人々に生活をしてもらう実験を行いました。すると、赤い部屋で過ごす1時間は体感的に長く、青い部屋では短く感じる人が多いのです。次に、2つの部屋を同じ温度に設定し実験しました。赤い部屋では脈拍、血圧、呼吸数の上昇から暑く感じ、青い部屋に入った人は反対に涼しく感じたそうです。その体感温度の差は、なんと3度も違いがありました。

f:id:tanaka_kirei:20210220212951j:plain

 赤い部屋では 体温が上昇し、時間を短く感じる

 

f:id:tanaka_kirei:20210220213020j:plain

青い部屋では、体温が下がり、時間を長く感じる

 

赤色と青色だけでも色が、身体に影響することを分かっていただけたでしょうか?

色は持っているだけで人の心を落ちつけたり、身体を強くする効果があるのです。例えば勝負事には赤パンツと昔からあるように、赤色は血の色・火山の色・太陽の色と生命エネルギーを象徴します。下着として身につけるだけでもその力にあやかれる事を昔の人は知っていたのです。

 

自分にはこの色しか似合わないと、毎日同じような服を着ていてはもったいないです。色彩の魔法を上手に使愛事で自分を有利に見せる、自分の心を操りましょう。

 

こんな時にはこの色を 

f:id:tanaka_kirei:20210220222558j:plain
    やる気を出したい      

          パワーを出したい     

          勝負事のとき

    自分をセクシーに見せたい  

         身体が弱っているとき

 

f:id:tanaka_kirei:20210220222642j:plain

   社交的になりたい            

           陽気な気持ちになりたい

   辛いことがあったとき          

           気持ちを前向きにしたい

   自己主張をしたい

 

f:id:tanaka_kirei:20210220225208j:plain

        明るく楽しみたい

   希望を持ちたい

   寂しいとき

   知的好奇心を持ちたい

   胃腸が悪い

 

f:id:tanaka_kirei:20210220222607j:plain

  リラックスをしたい

  疲れているとき

  いらいらを静めたい 

  協調性を高めたい

  心が迷っているとき

 

f:id:tanaka_kirei:20210220222550j:plain

          自分を深く見つめたいとき

   冷静な判断がしたいとき

   信頼を得たい

   食欲を抑えたい

   賢く見せたいとき

 

f:id:tanaka_kirei:20210220225156j:plain

           眠れないとき

   カリスマ性を持たせたい

   芸術を深く味わいたいとき

   癒されたい

   深く傷ついたとき

ピンク

f:id:tanaka_kirei:20210220222614j:plain

              優しい気持ちになりたい

    甘えたいとき

    心が荒れているとき

    恋愛力を高めたい

    イライラしているとき

 

f:id:tanaka_kirei:20210220222625j:plain

           強い意志を貫きたい

   威厳を持ちたい

   感情をコントロールしたい

   感情を見られたくないとき

   断りたいとき

f:id:tanaka_kirei:20210220222618j:plain

        清潔感を出したい

   清らかな気持ちになりたい

   正直でいたいとき

   新しいスタートの時

   純粋なアピールをしたい

 

f:id:tanaka_kirei:20210220222542j:plain

          ありのままでいたい

   目立ちたくない

   コツコツ努力したいとき

   包容力を身につけたい

   落ち着きたいとき

 

日常に色彩を取り入れよう

不思議と文字と色を合わせてwritingしているだけで、心が高ぶったり、落ち着くなど色の持つ力を感じました。時と場合に応じて色を使い分け、自分の力にしてみましょう!

 

自分がなりたい気持ちに合わせて服の色を選んでみるのもいいですね。今まで買わなかった色を身につけることで、新しい発見や視野が広がります。似合わないと思っていた色も自分の思い込みかもしれません。

f:id:tanaka_kirei:20210220231912j:plain

 

「いきなり服はちょっと…恥ずかしい」という方は下着の色を変えたり、カーテンを替えてみたり、お花を飾ったりするのもいいと思います。意識して日常に色を入れることが彩り豊かな生活の鍵になるでしょう。彩り豊かな生活は自分を愛することに繋がりますね。

f:id:tanaka_kirei:20210220231923j:plain

とくに生花は風水的にも非常におすすめです。最近ではお花を家に届けてくれるサービスもあるのでぜひ活用してみてください。