「暮らし」と「わたし」

普通の「たまみそ」のただの生活。

お部屋と心の関係①〜こんまりさん流のお片づけ:衣類編〜

突然ですが、お部屋は今どのような状況でしょうか?

 

整理整頓されていますか?床に雑誌が積まれていませんか?部屋は心の鏡と言われているように片付けに集中し部屋が綺麗になると心までスッキリしますよね。

f:id:tanaka_kirei:20210217213952p:plain

 

 

今回は著作:近藤麻理恵『人生がときめく片付けの魔法』を読み実践し

私が実践して片付けが、自分を愛する力になったことをご紹介します。

 

 

 

 汚い部屋にイライラしてしまう理由

 

私は元々物を買うのが苦手で、割と所有していものは少ないと思います。無くても困らない精神で極力無駄なものは棄てる時にストレスにもなるので買いません。なので片付けで困ったこともなければ、部屋が荒れてしまうことも少ないので物が多い部屋や、無駄な物が多い部屋を見てしまうと無性にイライラとしてしまいます。

f:id:tanaka_kirei:20210217113438j:plain

 

 これは一緒に住んでいる彼の部屋なのですが、本当に見るだけで疲れてイライラします。一度勝手に物を捨てて怒られました。今、思えば怒られて当然です。ちなみに自分より多すぎる下着を捨てました。こんまり先生も昔、家族の洋服を捨てて怒られたことがあったそうです。人の物を勝手に棄てるのは信頼関係にヒビが入ったりするので絶対に止めましょう。

f:id:tanaka_kirei:20210217213950p:plain

 

 

家族にイライラするときは、自分の部屋に原因がある

私は物が少ないのに、彼は物が多い。使っていないもの、ストック類がありすぎる、床に服が散らばっている。本当に腹が立ちます。でも、こんまり先生は家族にイライラするのは自分の部屋に原因があるというのです。自分の部屋の片付けに集中していると、何も言わなくても後から連鎖本能のように片付けをしだすそうです。

 

 なので、まず自分の部屋から片付けて行こうと思います。

 

 

こんまり先生流の片付け方法

[自分がどんな部屋で暮らしたいか、理想を思い浮かべる]

理想の部屋。想像するだけ無限でなんだかワクワクします!私は乙女な部屋でアロマだったり、蝋燭だったりゆったり落ち着いた部屋でリラックスできる空間にしたいです。

 

 

 [片付ける順番を守る]

①衣類  ②本類 ③小物類 ④思い出の品

 必ずこの順番を守ってください。特に思い出の品から手をつけてしまうと片付けが永遠に終わらないからだそうです。

 [分類ごとに家にあるものを一箇所に集め全て出す] 例をあげると①衣類から始めるのですが、まず家中の全ての衣類を一箇所に集めます。季節もの衣装ケースに眠っているもの、ハンガーにかけているものすべてです。

 

 

実際にやってみました。

f:id:tanaka_kirei:20210217213847j:plain

これだけかと思いきや、衣装ケースにしまってある夏服を忘れていました。

 

 

f:id:tanaka_kirei:20210217213849j:plain

バックも合わせて全部一気に出してみると、あまりの量に1日で終わるのか心配になりました…_:(´ཀ`」 ∠):大丈夫かなぁ

 

 

 

 

[実際に物に触れてみて、ときめくかどうかで判断する]

 

 この一連の作業はなるべく短期間でおこないます。物を空気に触れさせ、手で触ってときめきを感じ残すか・お礼を言って棄てるか決めます。収納は「棄てる」作業が終わってからやります

 

棄てながら収納すると棄てる手が止まってしまうからです。

 

 

 実際にやってみて一度も着ていない服や、高かったのに似合わなかった服などは特に判断に迷いました。

 

 

そんな時は買った時の高揚感や、その時自分の元に来てくれたこと等に感謝し、お礼を伝えると不思議と手放す選択ができました。罪悪感や後悔は生まれません。むしろスッキリした気持ちの良い気分です。

 

f:id:tanaka_kirei:20210217213716j:plain

 

 また、このようにタグがついて一度も履いていない服は他人なのだそうです。購入したら直ちにタグを外すことで家族の一員に迎える事ができます。

 

確かにタグがついたものって中々スグに履こうとは思いませんよね。

 

f:id:tanaka_kirei:20210217215327j:plain

 お別れをする子たちが決まりました。今まで私と一緒に過ごしてくれてありがとう。

 

 

小さくなった水着、サンタの服、いっぱい着て毛玉だらけになった衣類などに感謝です。次は収納です。

 

 

 

 [立てて収納するべし] 

服はできる限り畳んで収納します。畳むことで活用できるスペースができること、畳みながら服に感謝する事ができるからです。また立てる収納を考えることで、何がどこにあるのか一瞬で把握することができるようになります。

f:id:tanaka_kirei:20210217213930j:plain
f:id:tanaka_kirei:20210217213917j:plain

 

 

 

服を畳むときは、手のひら全体を使います。その時に「ありがとう」の気持ちを手のひらに込め畳みます。服とこんなに向き会うことは初めての経験でした。愛おしい気持ちと、いつも丁寧に畳んであげようの気持ちが芽生えました。

 

 

f:id:tanaka_kirei:20210217215247j:plain
f:id:tanaka_kirei:20210217213852j:plain

 

 

ぴっちりと、とっても収納が気持ちよかったです。ピタピターーーっとはまって興奮しました。嬉しいです。

 

f:id:tanaka_kirei:20210217213911j:plain

 

家にある空き箱が小分収納におすすめとのこと。特に靴箱が便利だそうで実際に使ってみました。ストッキングやシャツがぴったりです!いつもより服たちも輝いて見えます

 

 

 

まとめ・感想

[家族に対するイライラが消えた] 

自分の作業に集中すると、家族のことなんて頭にありませんでした。むしろ、自分がたくさんのときめかない物を抱えていたので申し訳ないです。家族の部屋のことよりも自分自身に対する清々しさがあります。心のモヤモヤが晴れたようです。こんまり流では片づけ時は音楽など流さないで、物との会話に集中するため余計な雑念なく片づけができました。

 

 [自分を愛せる空間になった]

 ①の衣類編でしたが、これだけで自分をもっと愛せるようになりました。お部屋が整っていると不思議とやる気が湧いてきます。あなたも、片づけで自分を愛してみませんか?